福祉とケアマネージャー

福祉関係の仕事は色々とありますが、ケアマネージャーの仕事もその一つです。介護は人それぞれその人に合わせた介護がありますから、その人に合った介護の方法を探すことが必要になってきます。介護が必要だと思っている人にとって、どんな介護が必要なのか、何をしてあげるのが一番なのかということを、計画するのがケアマネージャーです。介護といっても人それぞれ内容は違っていますが、家、老人ホームといった場所で食事をしたり、お風呂に入ることがありますね。またリハビリを兼ねてデイケアセンターに行ってその場で過ごすという人も多いです。その人の体の状態に合わせて介護の方法や内容は違っていますから、その人に合った介護プラン、計画などを立てる必要があるます。デイケアセンターを利用する人のプラン、家でのプラン、そして老人ホームでのプランといったように、それぞれの個人に合った介護計画を立てていきます。
ケアマネージャーになると介護計画を立てることはもちろんですし、介護が必要である人の家族から相談を受けてアドバイスをすることが出来ます。介護認定と言って介護が必要な人は国からお金をもらえますから、介護がこの人は必要であるかどうかを認定するという仕事ケアマネージャーの仕事です。
福祉の仕事であるケアマネージャーは、介護を必要であると感じている人がいる場所で働くことが出来、それは老人ホームであったり、介護サービス施設であったり、病院であったり色々です。
posted by 暮らしの情報 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33457917
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック