介護とは

介護という言葉を聞いたことはあるという人も多いと思いますが、実際には介護という意味が分からない人もいるかも知れませんね。介護というのは誰かの手を必要にしている人のことを言います。介護が必要な人とうのは健康な人に比べると、普通に生活を送れることが送ることが出来ないのです。色々と原因があり、老化によって体が思うように動かないために介護が必要であるという人もいれば、脳に障害があるために生まれつきの介護が必要な人もいますし、病気になって介護が必要な人もいますから色々です。介護といっても色々な種類があるのですが、介護をしてあげる際には、その人が出来ないことを手助けしてあげるという気持ちが必要です。
介護の種類は色々とあり、たとえば食事の介助が挙げられます。ひとりでお箸やスプーンを持って食べることが出来ないという場合に、食事の介護をして、口に食事を運んであげて食べさせてあげます。
他にも毎日の生活の中で介護が必要なシーンとしては、お風呂の介護なども挙げられます。お風呂の介護は力も必要ですし、なかなかコツもいりますので、最初からうまくお風呂の介護をしてあげることはできないと思います。
しかしいざ家族の誰かが介護が必要な状態になったという場合には、子供でもできる介護もありますので、家族みんなで協力してあげることが大切です。かゆいところに手が届く介護、それが介護を受ける人にとっても、心地よい介護になるのではないでしょうか。
posted by 暮らしの情報 | Comment(0) | TrackBack(0) | 介護
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33457971
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック