車いすの介護

車いすに乗っている人を介護するときの方法についてここでは紹介したいと思います。車いすが必要な人の介護というのは、後ろから車いすを押してあげることが一番ではないでしょうか。後ろから押すと言っても、突然座っている人の車いすを押したらびっくりされてしまいますから、必ず声をかけてから車いすを押してあげるといいと思います。長距離車いすを押すというのはなかなか難しいことかもしれないのですが、自然に押してあげることが出来れば、短距離でもきっと介護のお役に立てるのではないでしょうか。車いすが必要で介護を必要としている人というのは、お年寄りだけではありません。他にも、介護を必要としている車いすの人というのは町中に沢山いると思います。ケガをしている人や、一時的に車いす生活を余儀なくされている人などもいますから、それは色々です。
車いすに乗っているときは、とても不自由な思いをしているに違いありませんから、できるだけ不自由な思いをさせないように、介護をしてあげることが大切です。介護といっても車いすに乗っている人一人一人内容は違っていますから、その人に合わせた介護の方法を見つけて、その上で車いすの介護をしてあげましょう。
介護の資格を持っていない人でも、車いすの介護なら誰でもしてあげられると思いますから、困っている人や車いすに乗っている人を見かけたら、連れて行ってあげたり手を貸してあげることが大切なのではないでしょうか。
posted by 暮らしの情報 | Comment(0) | TrackBack(0) | 介護
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33457994
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック