介護と体位

介護と体位についてですが、寝たきりの人の場合には、ずっと同じ格好で寝たままになっていると、床ずれが出来てしまったり、皮膚の状態が悪くなってしまいますから、それらを予防するためにも、介護の一つとして体位を変えてあげる必要があります。血行障害なども防ぐことが出来ますし、感覚麻痺なども防ぐことが出来ます。介護の一環として体位を交換するという場合に、無理をして行ってしまえば、変なところに力を入れてしまって、後から痛みが出ることもありますので体位を交換する際には注意が必要です。
介護で体位を交換する場合は、できる範囲までは自分で動いてもらって、声をかけながら介護をしていくとスムーズにいくと思います。介護をしている人は、腰に変な力が入ってしまわないようにします。麻痺している方が、下になるような体位交換は、長い時間は避けましょう。体位交換というのは寝たきりの人の介護ではとても大切なことです。着交換や清拭、おむつの交換といった場合に、1日のうちに何度も介護のタイミングで体位交換をしてあげることが大切です。
体位交換はその人に合った方法で交換してあげて、その人のやりやすい方向で行ってあげましょう。絶対にこの方法でやるのが正しいという体位交換の方法なないですから、あくまでもその人が動きやすい体位、痛くない快適な体位を見つけて体位交換を介護の一環として定期的に取り入れてあげることが、寝たきりの人にとっても大切なことです。
posted by 暮らしの情報 | Comment(0) | TrackBack(0) | 介護
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33458017
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック