入浴介護

介護の中で入浴はとても大変なことの一つではありますが、入浴は清潔を保つためにはとても大切なことですから、少し介護が大変だったとしても、行う必要性は高いです。入浴はけっこうも良くなりますし、気分もリフレッシュします。機能を回復させるためにも入浴はとても大切です。しかし介護が必要な人にとって入浴は血圧が急に変化することもありますから、実際には大きな負担になっていると思います。
入浴を介護する場合には、入る前の健康状態や、入っている最中の状態、そしてあがってからの状態には常に気をつけて、異常がないか異変がないかどうか確認しておく必要があります。
入浴介護の注意点としては、入浴前は排泄を済ませておくこと、お腹がすいているときと万福寺は避けましょう。すぐに急変にも対応できるようにしておきましょう。入浴をしているときに介護で体調が悪くなったと感じたらすぐに医師などに連絡をしましょう。入浴の介護から上がった後は、急激に体調が変化することもありますので、早めに衣服を着せて湯冷めをしないように注意しましょう。水分補給についても、お年寄りなどの場合には脱水症状が出るケースもありますので、脱水症状にならないように工夫する必要があります。入浴介護は、とても大変ではありますが、介護する人は、入っている人の体調には十分に気を配りながら進めていくことがとても大切だと思います。なかなか難しいことではありますが、万が一に備えましょう。
posted by 暮らしの情報 | Comment(0) | TrackBack(0) | 介護
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33458068
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック