居宅介護支援事務所

居宅介護支援事務所というのは、家で利用できる介護サービスを紹介したり、介護サービスを行ったり、介護サービスにかかる費用を計算したりする、介護が必要な人の代わりに行ってくれる事業所のことを居宅介護支援事務所とよんでいるのです。

指定居宅介護支援事務所は、法人という申請が必要であるのですから、都道府県に申請しなければ居宅介護支援事務所として開業することができません。

居宅介護支援事務所は、介護支援専門員であるケアマネージャーが常に働いていることが義務化されているのです。

介護が必要な人の依頼を受けて、体の状態や心の状態、介護環境や家族の要望などを聞いて、ケアプランを考えたり、他の介護の専門的なことについて相談を受けるような場所が居宅介護支援事務所であるのです。

居宅介護支援事務著は、介護保険で家で介護を受けることができる人を支援するための事務所で、ケアマネージャーは、介護が必要な人の視点に立って居宅介護支援を行っているのです。
居宅介護支援事務所の業務内容としては、要介護認定の申請代行も行っているのですし、介護支援や、給付管理などもトータルで行ってくれます。

市町村との間に入って連絡や調整も居宅介護支援事務所が行ってくれます。
posted by 暮らしの情報 | Comment(0) | TrackBack(0) | 介護福祉