福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターという資格がいま注目されているのです。

福祉住環境コーディネーターの仕事というのは、お年寄りや体が不自由な人が住みやすい環境を提案してあげるという、福祉の住居に関するアドバイザー的な仕事をしている人のことを言うのです。

福祉住環境コーディネーターは、福祉に関してだけにかかわらず、医療や建築など幅広い分野で、知識も技術も身につけることが必要な資格であるのです。

福祉の専門家と連絡を取りながら、その人にあった福祉を重点に置いて考えた住宅のあり方などをプランしてくれます。

福祉住環境コーディネーターの仕事は、バリアフリーへこれから普通の住宅を改築したり、新築に建て替える、リフォームするといった仕事をアドバイスします。

そのた福祉住環境コーディネーターの仕事としては、福祉用具や介護用品の使い方や、どれを選べばいいのかアドバイスも行っているのです。

福祉に関することの技術や知識を身につけているのですから、それらを情報提供するという役目もあるのです。

福住環境コーディネーターの仕事には2級3級とレベルがあるのですから、レベルに応じて業務内容が違っているのです。

これからの高齢化社会の日本には必要な人材であるのです。
posted by 暮らしの情報 | Comment(0) | TrackBack(0) | 介護福祉