生活習慣病とストレス

生活習慣病の原因の一つにストレスがあります。今の日本はストレス社会といわれているわけですが、ストレスをためていると、生活習慣病の引き金になるといわれています。生活習慣病はストレスが原因で引き起こされるといわれていますから、注意が必要です。ストレスはたまっていれば、色々な体の不調を訴えてきます。たとえば、突然死することもありますし、突然死を引き起こしているのは、急性心不全や、脳梗塞などを起こしてしまいます。元をただせば、これらの症状が出やすい人というのは、動脈硬化であったり、糖尿病を抱えていたり、高血圧の人に多くみられるとされていますから、生活習慣病の引き金に、ストレスというのは影響を与えてしまいます。
毎日の生活の中で、ストレスをいかに感じないように生活するのか、そしてストレスを上手に発散できる方法を見つけることも大切だと思います。生活習慣病の予防はストレスをためないこと、そしてためても発散できることも関係しています。生活習慣を見直す際には、たばこやアルコールの摂取しすぎ、食生活や運動不足ばかりが注目されがちではありますが、それだけでなく、ストレスをためないようにすることも大切なことです。ストレスがたまるような場合にはうまく自分で発散できるようにするということが一番大切なことですから、日々の生活の中で少し注意して過ごすように心がけて、生活習慣病を予防するようにしましょう。ストレスは色々な病気を引き起こします。
posted by 暮らしの情報 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病