糖尿病

生活習慣病の糖尿病というのは、すい臓から分泌されている血糖を下げる働きをしているインスリンというホルモンの種類があるのですが、このインスリンホルモンが不足してしまったり、すい臓の働きが悪くなるというような病気です。働きが悪くなれば、血液の中に含まれている血糖値が高くなってしまい、尿の中に、糖が下りてしまうという症状が出てしまいます。
生活習慣病の糖尿病は、成人に発症しやすくて、自覚症状がほとんどありませんから、気がついたときには健診で、重度になっていることが多いのが特徴です。生活習慣病の糖尿病にかかりやすい人は、肥満の人や、アルコールを大量に摂取している人などが起こりやすいといわれています。
もしも糖尿病にかかってしまったらどうするのか、生活習慣を見直すことはもちろんですが、食事療法で食べ物を見直して改善していくこと、そして適度な運動を取り入れる運動療法、そして薬による薬物療法などを行っていくことになります。
生活習慣病の糖尿病の症状が長い間続いてしまうと、体中の血管に障害が起きてしまって、生活習慣病の他の病気を引き起こすことになります。たとえば、脳卒中や心臓病にかかりやすいリスクも抱えていますから、早めに対処しなければいけません。それだけでなく、失明する可能性もありますし、中には腎不全を起こしてしまう人などもいるので、その点についてもよく注意しておかなくてはいけません。生活習慣病の糖尿病であるといわれたら、早めに生活習慣の見直しをしましょう。
posted by 暮らしの情報 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病