喫煙

生活習慣病の原因の一つとして喫煙があります。煙草の中には、実はいくつもの体に対して有害な物質が含まれていますから、決して体に良くないということは分かっている人も多いでしょう。たとえば喫煙によって体に起きる害としては、タール、ベンツピレンといった物質が、生活習慣病として肺がんを引き起こしますし、ニコチンも一酸化炭素が心臓や脳などの血管障害を引き起こす可能性もありますから、これはかなり放ってはいけないことだと思います。
タバコを日常的に吸っていると、ニコチンの働きによって、体中の血管が収縮してしまいます。そのために高血圧につながるのでこれは生活習慣病につながるといってもいいのではないでしょうか。一酸化炭素においても、喫煙をすることで、悪玉コレステロールを増やすなどの体への影響も出てきますし、高血圧や動脈硬化を進める原因にもなります。
喫煙というのは生活習慣病からしてみれば、発症を引き起こす引き金ともなりえる要因といえますから、喫煙をしているという人は、生活習慣病にかからないようにするためにも、早めに禁煙しなければいけないのではないでしょうか。喫煙を長く続けている人ほど、生活習慣病にかかる可能性は高いといわれていますし、リスクも高いのが現状です。
喫煙が関わっている生活習慣病はかなりの数があり、生活習慣病を引き起こす要因としては、喫煙は本当にすごい要因といってもいいので、早めに本数を減らすなどの努力が必要です。
posted by 暮らしの情報 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病