定義

生活習慣病の定義といっても、あまりピンとこない人は多いと思いますが、生活習慣病の定義というのは、厚生労働省が発表しています。それによると、生活習慣病の定義というのは、食生活や運動習慣、休養や喫煙、飲酒などの生活習慣が、病気の発症や進行に関与している疾患のことという定義になっています。
簡単にこの生活習慣病の定義を噛み砕いて説明すると、生活習慣病は食事やアルコールタバコや運動、睡眠といった生活習慣の不規則や不摂生などが原因で起きるとされているのです。食生活習慣が原因となって肥満やメタボリックシンドロームになったり、そして、アルコールの摂取が原因で肝脂肪になってしまったり、アルコール依存症になるケースもあります。また運動不足が原因で、メタボリックシンドロームや糖尿病、高血圧などにもかかります。
休養が十分に取れていない場合には、ストレスがたまって精神的なバランスの崩れや過労死につながります。生活習慣病の定義というのはとても難しいと思いますが、簡単に言ってみれば、毎日の生活習慣の中で悪いことが蓄積されて、それが生活習慣病へとつながっているのです。生活習慣病の定義を知っておけば、何が原因で生活習慣病が起きているのかということがわかりますから、その原因を解消できるのではないでしょうか。生活習慣病の定義は厚生労働省が定義していますが、今国民も多く知っておく必要があることとして、病院などのポスターでも掲示しています。
posted by 暮らしの情報 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病