現状

生活習慣病は今増えているとは言われていますが、生活習慣病の現状はどうなっているのでしょうか。生活習慣病の現状としては、現在、生活習慣病で死因として一番多いとされているのががん、心臓病、脳疾患などの順番で、特に死亡率が高いといわれています。心臓病や脳血管疾患などの主な死因の原因になっているのは、糖尿病や脂質異常症、高血圧、高尿酸血症と呼ばれる症樹ですから、いずれも生活習慣病が引き金となって、日本人の死亡の原因としている心臓病や脳血管疾患を引き起こしているということがわかります。
また生活習慣病の現状として今とても多いのがメタボリックシンドロームです。メタボリックシンドロームになっていることが死因の病気の引き金になっているケースが多く、特に中高年の男性を中心にして、生活習慣病のメタボリックシンドロームにかかっている人は多いといわれています。生活習慣病のメタボリックシンドロームが原因で、死亡率やリスクを上げていることも現状として言えます。
今このような生活習慣病の現状ではありますが、厚生労働省などもこれを受けて、対策に乗り出しつつあるのは事実です。生活習慣病予防健診なども積極的に取り入れていますし、生活習慣病を予防する方法、改善する方法なども積極的に提示しているのが現状です。日本では生活習慣病はこれからまだまだ増えるとされていますが、早めに対処してなんとか食い止めなければいけないのが現状です。
posted by 暮らしの情報 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病