生活習慣病と食生活

生活習慣病に大きく影響している原因の一つとして、食生活をあげることが出来ます。生活習慣病が今の日本にこれほどまでに増えた原因として、食生活は大きく影響を与えているといわれています。今の日本は食生活の面ではかなり欧米化しているといってもいいでしょう。昔の日本では考えられないくらいにカロリーの高い食事を食べる傾向にありますし、今まで食べていた質素でカロリーが低くて、栄養バランスの整っていた和食に比べると欧米化している食英勝は、体にとっては負担をかけているのです。カロリーの面から考えると動物性脂肪の摂取量がかなり増えているので、それが生活習慣病へとつながっているといわれています。
食生活の乱れが原因で、糖尿病になってしまったり、高血圧や、メタボリックシンドロームになってしまっている人はとても増えました。生活習慣病をこれ以上増やさないためには、日本人の食生活についてもっとしっかり見直していかなくてはいけないのではないでしょうか。生活習慣病を予防するためには、まずは自分の食生活の見直しから始めましょう。
食生活を見直すだけで、特別なことをしなくても生活習慣病を予防することは十分に可能です。食生活といっても栄養バランスの見直しだけでなく食べる時間や、食べ方なども見直しましょう。急いで食べていたりすれば、それだけ消化不良になりますし満腹を感じませんから肥満につながります。夜遅くに食べることも肥満につながりますから、食生活は食べ方も問題です。
posted by 暮らしの情報 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病