生活習慣病のグラフ

生活習慣病のグラフを見たことがあるでしょうか?どんなグラフだったとしても、一度は生活習慣病のグラフを見たことがあるという人はいるのではないでしょうか。一番多い、生活習慣病を表しているグラフというのは、死亡状況を円グラフに表している生活習慣病のグラフではないでしょうか。今の日本人の死亡状況についての円グラフなどを見てみると、ガンで亡くなっている人が30%、脳卒中が15パーセント、そして心臓病が14パーセント、高血圧、糖尿病でなくなっている人が、2パーセントずつという結果をグラフで見ることが出来ます。
この円グラフを見てみると、それだけ生活習慣病が原因でなくなっている人が多いということが一目でわかります。死亡状況というのは、つまり死亡する原因のことを意味していますから、死亡状況を見てみれば、全体の6割以上の人が、生活習慣病が原因でなくなっているということがわかるのです。
生活習慣病のグラフというのは、円グラフ以外にも棒グラフや、折れ線グラフなどで、ここ数年の生活習慣病患者がどれくらい増えたのかということを表しているグラフなどもありますから色々ですが、生活習慣病がこれだけ今の日本に増え続けているということを知るためには、グラフを見てみるのが一番わかりやすいと思います。
グラフを見てもわかるように、現在右肩上がりで生活習慣病は増え続けていますから、これ以上増やさないようにすること、そして原因を予防することが大切です。
posted by 暮らしの情報 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病