睡眠

生活習慣病を予防するためには睡眠不足の改善も必要です。


睡眠不足になっている人は今とても増えているといわれています。


睡眠時間はたっぷりあるというのに昼間に眠気を感じるとか、夜中に何度も目が覚めてしまう、夜中に目が覚めるともう眠れないといったことが色々と挙げられます。


寝付きが悪い人も睡眠不足に悩まされているのではないでしょうか。


生活習慣病を予防するためには、睡眠不足を改善することも大切です。


例えば睡眠不足が続ければ、女性の場合には肌への影響も出てくると思いますし、日常生活では、失敗やミス、集中力の低下なども起きると思います。


生活習慣病の高血圧を患っているという人の場合には、交感神経が活性化されることによって、高血圧になる可能性も否定できないのです。


生活習慣病を予防したいと思っている人の場合には、睡眠不足を改善させることも大切です。


できれば、夜11時には寝るようにして、そして午前2時から3時の間は必ず睡眠していることが大切です。


1日に7−8時間くらい睡眠時間をとっておくことも必要です。


睡眠不足にならないためには、生活リズムを整えることも大切ですし、寝るための環境作りも必要になってきます。


例えば就寝前にぬるめのお湯につかってゆっくりリラックスさせることや、寝る部屋の電気を暗めにして、寝る前は食べすぎないことなども重要です。


睡眠グッズを使ってみるのもいいかもしれませんね。


色々工夫しながら、生活習慣病の予防に睡眠不足の改善をしましょう。

posted by 暮らしの情報 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病