肥満

生活習慣病は、日常生活の食習慣やたばこ、アルコールや運動不足、ストレスが引き起こして病気になるといわれているのですが、肥満の具合が20パーセント上を上回ってしまった人は、生活習慣病にかかりやすいといわれています。


肥満の人というのは、標準体重の人と比較してみたときに、糖尿病には5倍の確率でかかりやすいですし、高血圧症にも3倍の確率でかかりやすいといわれています。


そして生活習慣病の心疾患は、2倍の確率でかかりやすいといわれているので、十分に注意しておかなくてはいけないのです。


女性の場合には、肥満が原因で不妊になる人もいるといわれていますし、妊娠中毒症になりやすいとも言われていますから、生活習慣病のほか、様々なことを引き起こす要因に肥満はなりますので、注意が必要です。


生活習慣病の肥満になりやすい人というのは、食事の時間がいつも決まっていなくて遅い人や、間食が好きな人、偏食をしている人、炭水化物が好きな人、疲れたときに甘いものを食べないといけないと思っている人、運動不足の人、ストレスがたまって食べることで発散している人などが、生活習慣病の肥満になりやすいといわれていますので、十分に気をつける必要があります。


生活習慣病を引き起こす肥満にならないためにも、日々の食生活のバランスの見直しはもちろんのこと、ストレスをためないことや、適度な運動を取りいれるといったことも大切になってきますので、気をつけるようにしましょう。

posted by 暮らしの情報 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病