高校生と生活習慣病

今、高校生の40%以上の人が、高血圧や高中性脂肪、高血糖といった症状が出ているといわれています。生活習慣病ではないものの、生活習慣病予備軍に当たることが最近厚生労働省の発表でわかりました。今の高校生の生活習慣の多くが、偏った栄養バランスや、朝食抜き、テレビをだらだら長時間見ているといったような状態で、これが生活習慣病につながっているともいわれています。生活習慣病のアンケートや研究、調査をするというのは成人男性を対象にして行うというのは多かったのですが、今回、生活習慣病の調査を高校生を対象にして行ったところ、このような結果が出ました。思春期の高校生という時期に、生活習慣病にかかるというのは、過去にはそれほど少なかったのですが、今は早い段階から生活習慣病の予備軍になっている高校生が多いことがこれで浮き彫りになりました。
生活習慣病の予備軍に高校生の段階でなっているということは、それ以降の生活習慣を早く見直さなければ、生活習慣病予備軍どころか、本当に若いうちに生活習慣病を発症してしまい、それが命にかかわることにもつながることもあるので注意しなければいけません。
テレビを見過ぎている人ほど、高血圧で高血糖というアンケート結果も出ていますし、また朝食をしっかりと食べていない人ほど内臓脂肪が体に付きやすいという結果も出ていますから、高校生の生活習慣病予防も十分に注意しなければいけないのです。適度な運動、テレビは1日50分以内などが望ましいでしょう。
posted by 暮らしの情報 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病