ストレス

生活習慣病にストレスはかなり影響を与えているといってもいいと思います。


生活習慣病を引き起こす要因としてストレスがあるわけですが、どのようにして、ストレスは生活習慣病を引き起こしてしまうのでしょうか。


例えば、生活習慣病の一つである、狭心症という病気がありますが、こちらもストレスが原因であるともいわれています。


ストレスを常に感じている人は、ストレスを感じていない人に比べると、狭心症にかかる割合が5倍も増えているともいわれているのです。


やはり時間に追われる、常にストレス、緊張を感じていることがその原因です。


そしてストレスがたまってしまうと、過食してしまう人もいるといわれています。


馬鹿食いをして、その結果、糖尿病になる可能性も出てきますし、またそれだけでなくメタボリックシンドロームにもなってしまう可能性もあるのです。


ストレスを感じていてそれを発散させるために馬鹿食いをしてしまうというのは、生活習慣病のこの二つを引き起こす原因になりますので、ストレスの発散方法を別に見つける必要があります。


そして高血圧も生活習慣病の一つですが、高血圧はストレスが原因であるともいわれています。


ストレスが負担になり、それが血圧を上昇することにつながるのです。


このようにストレスというのは、様々な生活習慣病を引き起こすことになりますので、できるだけ早めに対処して、ためないことや、発散をすることを日々心がけておいた方がいいでしょう。

posted by 暮らしの情報 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病