心臓病

生活習慣病の心臓病は、色々な種類があるのですが、動脈硬化が原因になって心臓病が引き起こされることもあります。


これは生活習慣病の一つで、狭心症、心筋梗塞といった病気も、生活習慣病の中の心臓病に含まれます。


そして脈ば乱れる心臓病もあります。たとえば不整脈などがそれにあたります。


生活習慣病の中でも心臓病は得に怖いといわれています。


なぜなら心臓が止まってしまったら血液がいきとどかなくなり、死にいたります。


誰もいない場所で一人で倒れてしまった場合には、死にいたる確率は高くなりますし、死に至らなかったという場合でも、重度の障害を負うことにもつながるのです。


生活習慣病の心臓病を予防するための方法としては、血圧と血液中に脂質のバランスを正常に保つことが一番大切です。


そのためには食生活で血圧を抑えるためにも薄味で、塩分の取りすぎには注意して、甘いものや炭水化物なども取りすぎないことが大切です。


そしてたばこを吸っているという人も、生活習慣病の心臓病を引き起こす要因の一つになりますので、この点も十分に注意しておく必要があります。


ストレスを感じない生活、適度なストレス発散、そして適度な運動をすることも、心臓病を予防することにつながります。


生活習慣病の心臓病三大生活習慣病にも含まれているほど、患者数が多いといわれていますから、毎日の生活の中で、気を付けられる点には十分に気をつけて、心臓病にならないようにケアすることが必要です。

posted by 暮らしの情報 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病