動脈硬化

生活習慣病の一つに、動脈硬化という種類があります。


生活習慣病の動脈硬化は、血管の内側に、コレステロールをはじめとする脂肪が固まってしまって、血管が固くなりもろくなる状態の症状です。


生活習慣病の動脈硬化が発症してしまうと、動脈の壁の弾力は弱くなり、血管の内側は細くなります。


そうなると血液の流れはどんどん悪くなりますし、血圧が高くなりますから、血管の壁がよりもろくなってしまいます。


そうなってしまったあとに、組織、臓器といった部分に、適切な血液を運ぶことが出来なくなり、重い病気を引き起こすことになるのです。


たとえば生活習慣病の動脈硬化が引き起こす病気としては、脳出血、脳梗塞、心筋梗塞などがあります。


生活習慣病の動脈硬化を防ぐためには、どうすればいいのかというと、まずは食生活に注意する必要があります。


食生活では動物性脂肪を出来るだけ控えて、野菜中心に取ることに気をつけましょう。


肉には飽和脂肪酸やコレステロールが増える要因になりますので、動脈硬化になりやすいのです。


コレステロールをたくさん含んでいる食べ物を控えて、食物繊維を豊富に摂取することで、コレステロールを体の外に排出させることができます。


そしてあまり糖分を取りすぎないこと、また塩分の取りすぎにも注意することが、生活習慣病の動脈硬化を改善させることにつながります。


そしてたばこを吸うのをやめて、適度な運動を行うことも動脈硬化を防ぐことになります。

posted by 暮らしの情報 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病