成人病

生活習慣病は今話題になっているので、聞いたことがある人も多いですが、数年前までは、成人病という呼ばれ方をしていました。


食生活やアルコール、たばこなど、生活習慣にかかわる病気を総称したものが生活習慣病です。


糖尿病やがん、高血圧などが生活習慣病の中に含まれます。


成人病といわれていた時代もありましたが、なぜ生活習慣病と呼ばれるようになったのか、その理由は、成人病の原因の多くが生活習慣が原因で起きているものばかりだったからです。


生活習慣病という呼ばれ方をするようになって、まだそれほど、期間は長くないのですが、メタボリックシンドロームなどをはじめとして生活習慣病は知られるようになりました。


昔は三大成人病と呼ばれていましたが、現在は三大生活習慣病と呼ばれている病気として、がん、脳卒中、心臓病があります。


生活習慣病の中でも特にこの三つが原因で死亡する人の確率がとても高いといわれています。


生活習慣病も成人病も根本的には同じです。


ただ呼び名をかえて、より生活習慣が原因で発症する病気であるということをわかりやすくした名前が、生活習慣病なのです。


今生活習慣病は弱年齢化しつつあるといわれていて、子供の中にも生活習慣病予備軍を持っている人が多いといわれていますから、早めに生活習慣の見直し、改善を行わなければ、手遅れになる可能性もありますので、十分に注意することが大切なことです。


日々の生活習慣の見直しが予防につながります。

posted by 暮らしの情報 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病