がん

生活習慣病と聞くと最近はメタボリックシンドロームなどが一般的に知られていますが、がんも生活習慣病の一つであることを知っていたでしょうか?


がんになる原因というのは、喫煙や、食生活、運動不足にアルコールなどが多いといわれています。


がんの原因のほとんどが生活習慣が原因で発症しているということになります。


生活習慣病であるがんを予防するためにはどうすればいいのでしょうか。


その方法としては、まず一つ目としてバランスのいい食事を心がけましょう。


そして毎日同じものばかりを食べて偏食するのではなくて、変化のある食生活をつけることも大切です。


常に腹8分目にしておき、高カロリーで脂肪が高めの食事を控えましょう。


アルコールや喫煙はほどほどにして、できれば喫煙はやめましょう。


食生活の中からビタミン、食物繊維を豊富に摂取することが大切です。


味付けは、塩分を少なくして薄味にすることも大切です。


そして最近は運動不足になる人も多いですが、適度に運動をして、運動不足を解消するということ、それも生活習慣病のがんの予防になるのではないでしょうか。


生活習慣病のがんを予防するためにも、生活習慣を見直し、規則正しい生活を送り、そして食生活を改善させれば、がんになる確率を減らすことができます。


意外とがんは生活習慣病ではないという認識をしている人が多いですが、がんも、列記とした生活習慣病ですので、十分に注意して、予防できることなら未然に防ぎましょう。

posted by 暮らしの情報 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病