生活習慣病の一次予防

生活習慣病の一次予防というのは、生活習慣病がまだ発症していない段階ではあるが、これから発症する可能性があるというような状態で、予防をするということを生活習慣病の一次予防といいます。生活習慣病にはいろいろな症状があり、生活習慣を見直すだけでも十分変わってくると思います。一次予防では、生活習慣を見直して、病気合掌しないように予防するということになります。
では生活習慣病の二次予防というのはどうすることなのかというと、実際に生活習慣病にかかってしまった時に、その病気がこれ以上進まないように治療をして、早い段階で完治させることを言います。生活習慣病の一次予防の中でも一番大切とされている音は、食生活の見直しです。食生活の見直しというのは、生活習慣病すべてに共通した改善につながりますから、病気の症状や状態がどうであっても、食生活の見直しは早めに一次予防の段階で行わなければいけません。
生活習慣病はかかるまでは時間がかかり、毎日の生活習慣の日々の蓄積が積み重なって起きていきますが、かかってしまえば進行は早く、他の病気も引き起こしていきますから、十分に注意が必要です。生活習慣病を一次予防の段階で食い止めるということはとても大切なことになりますから、自分で自覚を持って、生活習慣病対策をしていくうえで、一次予防に気をつけていかなくてはいけません。一次予防の期間でしっかり予防できれば、生活習慣病を未然に防げるのです。
posted by 暮らしの情報 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病