サイレントキラー

生活習慣病はサイレントキラーと呼ばれています。


なぜサイレントキラーと呼ばれているのか、それは自覚症状をほとんど感じることなく突然発症する病気だからです。


沈黙の殺人者、サイレントキラーと呼ばれている生活習慣病ですが、目立った自覚症状も泣いために気がつかない人が多いために、不摂生が蓄積されてそして気がつけば、生活習慣病を発症しているという人も多いのです。


生活習慣病を発症するという時点ですでに症状は悪化していると考えられて、すでに手遅れになっていることの方が多いといわれています。


脳卒中や心臓病、高血圧などは自覚症状がほとんどなく、突然症状が起きた時にはもう手遅れで場合によっては死にいたることもあります。


このようなことから、生活習慣病はサイレントキラーと呼ばれているのです。


サイレントキラーである生活習慣病を未然に防ぐためには、早期発見が必要です。


そして、生活習慣病の原因である要因を発見して改善していくことが必要です。


生活習慣病は生活習慣が原因で、食べすぎや運動不足、喫煙やアルコール、ストレスなどが引き起こしますので、気がつかなくて、何十年とそんなことを続けていれば、生活習慣病がサイレントキラーとなって忍び寄ることになります。


発症してからでは遅いですから、心当たりのあるという人は、早めに生活習慣病を予防する努力を常に考えなければいけません。


そのためには生活習慣の見直しや改善が一番に必要になってきます。

posted by 暮らしの情報 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病