メタボリックシンドローム

生活習慣病の中でも特に注目されているのがメタボリックシンドロームではないでしょうか。


肥満や高血圧、高血糖などのリスクを伴っているメタボリックシンドロームの人はとても多いといわれています。


メタボリックシンドロームにかかっている生活習慣病の人は、現在、男性の2人に1人の割合、女性の場合には5人に1人の割合でいるといわれていますから、人事ではないような状況です。


生活習慣病のメタボリックシンドロームであるかどうかということは診断基準があります。


まず中性脂肪知が150mg/dl以上の人、そしてHDLコレステロールが40mg/dl未満の人、最大血圧が130で最小血圧が85以上の人などもメタボリックシンドロームの診断基準の結果、診断されることになります。


生活習慣病を予防するためにはメタボリックシンドロームを予防して改善させることが必要ですが、そのためには常に食事のときには腹八分目を心がけることや、野菜、食物繊維を食べる、塩分控えめの薄味の食事をする、適度な運動をする、喫煙、アルコールの抑制、そしてストレスをためないことも、生活習慣病のメタボリックシンドロームを予防することにつながりますので、覚えておきましょう。


最近はコレステロールや中性脂肪を下げる油なども販売されていますし、飲み物やサプリメントなども販売されていますから、上手に利用しながら、メタボリックシンドロームを予防して生活習慣病を未然に防ぎましょう。

posted by 暮らしの情報 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病