休養

生活習慣病は運動や食生活、そして休養などが原因で発症するケースが多いといわれています。


特に日本人は他の諸外国に比べてみても、休養をしっかりととるということが出来ていないといわれています。


休養をしっかりととることが出来ないことによって、免疫力が低下したり、また、ストレスがたまりやすい状態になり、それが続くことで、生活習慣病を発症するともいわれています。


生活習慣病を予防するためには食生活の見直しや適度な運動などももちろん必要ではありますが、それ以前に、やはり休養をしっかりととることそれが基本になってきます。


働き盛りの人の多くが生活習慣病にかかりやすいといわれており、特に休養をしっかりと取らなかった人は、生活習慣病の脳卒中や、心筋梗塞、心臓病などを引き起こしやすいといわれています。


適度の休息をして体を休めてあげなければ、疲労がたまり、それが蓄積されて体に負担がかかってしまい、生活習慣病へとつながります。


生活習慣病を予防したいと思っている人は、食生活の見直しや生活習慣の改善はもちろんのこと、他にも、休養をしっかりと取り睡眠不足にならないように十分な睡眠時間を確保することも大切です。


現代人の多くが抱える生活習慣病の原因の一つとして十分な休養がとれていないことが挙げられますが、生活習慣病の発症を未然に防ぐためにも、できるだけ休養はしっかりと取るように心掛けて日々の生活を送るようにすることがポイントです。

posted by 暮らしの情報 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病