運動

生活習慣病を予防したり、改善させる方法の一つに、運動を行うことが挙げられます。


現在の日本人は、デスクワークが多いですし、マイカーの普及に伴い、運動をする機会が減った人が多く、運動不足になっている人が増えています。


生活習慣病の原因の一つに、運動不足を挙げることができますから、改善、予防をしたいと思っている人は運動をすることがお勧めです。


運動といっても色々な運動がありますが、どんな運動をしても生活習慣病の予防や改善につながるというわけでもありません。


たとえば生活習慣病の予防に効果があるといわれているのは、全身を使った運動で、運動をしながら大量に酸素を取り込むことが出来る運動が効果的です。


特に有酸素運動は、体の中に大量の酸素を取り込むことが出来ますので、生活習慣病予防の運動としては最適です。


今話題のメタボリックシンドローム対策にもつながります。


有酸素運動をすることが生活習慣病の予防につながるとは言っても、具体的にはどんな運動がいいのかというと、具体的には、ウォーキングや、ジョギング、サイクリングやエアロビクスなどが効果的です。


辛くて続けられそうにないような運動をするのではなくて、毎日手軽に続けられて継続して毎日行えるような有酸素運動をするのがお勧めです。


わざわざ運動をするというのではなくて、たとえば普段は自転車に乗っていた場所を歩いて行ってみるとか、バスを使っていたところを歩いてみる、電車を一つ手前で降りるなども、手軽にできる運動です。

posted by 暮らしの情報 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病