食生活

生活習慣病の原因ともいわれているのが食生活の乱れです。


食生活が原因で、生活習慣病になることもありますので、十分に注意しなければいけません。


生活習慣病を予防する食生活をここで紹介したいと思います。


まず気をつけたいのは偏食です。


栄養バランスが偏ることによって生活習慣病は引き起こされるといわれていますから、生活習慣病を予防するためには、偏食を治して、色々なものを食べ、栄養バランスを整えることも大切です。


1日30品目は取りましょうといわれていますが、30品目を目標に食べるようにしましょう。


そして日常生活は、食事に気をつけつつ、運動も適度に行いましょう。


食事はマンプク食べるというのではなくて、腹八分目にしておくことが大切です。


そして塩は控えめで、薄味にすることも大切です。


生活習慣病ではカロリーの高い食べ物、脂肪分の多い食べ物は極力減らすようにしましょう。


そして肉、魚、野菜のバランスもきちんと考えたうえで摂取するようにします。


生活習慣病は色々な原因があるといわれていますが、食生活が大きく占めていることもよくあります。


ですから、食生活を見直すことで。


生活習慣病を予防することが出来ますので、まずは普段の食事から気をつけてみてはいかがでしょうか。


欧米化した高カロリーな食事をとるのではなくて、栄養バランスのいい、昔ながらの日本の和食を食べることが生活習慣病予防につながります。


薄味を心がけて塩分の取りすぎにも注意しましょう。

posted by 暮らしの情報 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病