生活習慣病と有酸素運動

生活習慣病には有酸素運動がとても効果的であるといわれています。生活習慣病というのは、なかなかすぐに解消したり予防することができません 。日々の生活習慣の不摂生の蓄積が生活習慣病へとつながるわけですから、すぐには改善することは難しいでしょう。しかし生活習慣病を予防することは十分に可能です。生活習慣病を予防させるためには、有酸素運動をするのがとても効果的といわれています。有酸素運動というのは激しい運動というよりはゆっくりと、体中に酸素を十分に行き渡らせながら行う運動のことを言います。生活習慣病を予防するためには有酸素運動が必要とされていますが、激しくなく、長く続けられる軽めの運動を継続して行うことで、新陳代謝もアップされますし、筋力や体力も増加しますし、生活習慣病の引き金といわれている肥満やメタボリックシンドロームを予防することにもつながります。
生活習慣病を予防するために必要な有酸素運動というのは、どれくらいの時間行うのがいいのでしょうか。1日に20分以上行うことが生活習慣病予防につながるといわれています。生活習慣病予防に取り入れられている有酸素運動としては、1日に30分程度のウォーキングをするというのがとても効果的ですから、継続して行って、生活習慣病を予防、そして改善できるように心がけましょう。通勤で車やバスを利用していた人は、歩く習慣を身につけるようにするだけでも、十分に効果はあるでしょう。
posted by 暮らしの情報 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病