原因

生活習慣病の原因については、色々な原因があります。


生活習慣病を予防するためには、その原因を知り、できるだけかかりにくくすることが大切です。


生活習慣というのは長い間にわたって行ってきた不摂生や食生活の偏食などが原因として挙げられますから、簡単に直すことというのは難しいと思います。


しかし早めに生活習慣病の危険因子、原因を知って、それを解決することが大切ではないでしょうか。


昔の日本ではそれほど生活習慣病というのはありませんでしたが、ここ数年の間で急激に増えたのにはいろいろな理由があります。


生活習慣病の原因は人によっても色々ではありますが、大きく分けるとすると、遺伝が原因であること、そして環境が原因であるという二つに分けることができます。


そしてここ数年で日本人に生活習慣病が増えた原因としては、環境が原因であるといわれています。


運動不足が生活習慣病の原因としても挙げられますし、栄養のバランスの悪い、高カロリーな食事、欧米化した食事が、生活習慣病の原因になります。


そして、喫煙も、生活習慣病の原因の一つです。


ここ数年の日本はストレス社会といわれていますが、ストレスがたまりやすいことや解消できないことも、生活習慣病の原因になっています。


これらは生活習慣病の環境の原因といってもいいと思います。


そして遺伝的な原因としては、もともと、身内にがんや高血圧などの生活習慣病にかかりやすい人が多かったということが挙げられます。

posted by 暮らしの情報 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病