子どもと生活習慣病

今生活習慣病というのは、大人だけの問題ではなくなっています。生活習慣病と言えば、中高年の男性を中心に発症しやすいと思われていますが、そうではありません。最近は生活習慣病が子どもにも増えているのが現状です。生活習慣病の原因の中で肥満というのはすべての生活習慣病を引き起こす引き金になっているのはご存知の方も多いと思います。肥満になる子どもが今とても増えているのです。
子どもが生活習慣病になっている原因として一番は肥満が挙げられます。なぜこんなにも肥満の子どもが増えたのでしょうか。その理由は、食生活にあります。最近の子ども達は、偏食やカロリーの高い食べ物を好む傾向にありますし、それだけでなく、ジャンクフードと呼ばれるような食べ物を食べています。それが子どもが生活習慣病にかかりやすくなった原因といわれているのです。
子どもの生活習慣病の原因は親の食生活の乱れにあるともいわれており、子どもが生活習慣病の恐れがある場合には、必然的に親も生活習慣病にかかっている可能性が否定できません。
子どものうちから生活習慣病にかからないためにも、子どもの健康のことを第一に考えた食生活習慣に変えていく必要があります。カロリーについてもきちんと考え、栄養バランスや、偏食対策についてもしっかりと考えていかなくてはいけません。子どもの小児生活習慣病というのはこれから増えるといわれていますが、早めに親が対処しなければ命にもかかわります。
posted by 暮らしの情報 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病