福祉とホームヘルパー

福祉の仕事の一つにホームヘルパーの仕事があります。家や老人ホームなどで、お年寄りが生活する上で手助けや援助をしている人のことを言うのですが、家に行って家事を手伝ったり食事を作ったりする人は、ホームヘルパーと呼んでいます。そして介護が必要な人が、外に出て買い物や散歩をするのに付き添う人のことをガイドヘルパーと呼んでいますが、どちらの資格も一緒に持っていて活躍している人が多いのが現状です。
福祉の仕事の一つ、ホームヘルパーは、家に行って介護が必要な人のお世話をするといのが仕事です。その人に家族がいてもなかなか1日中介護をするというのは大変だと思いますから、そういった面でホームヘルパーの仕事というのはとても重要性が高いのです。食事の時間に合わせて食事の介助をしたり、お風呂の時間に行って入浴介助をするなど色々と仕事はたくさんあります。家事や身の回りのことをする仕事だけでなく他にも一緒に外に出かけたりする仕事もあります。デイケアセンターと呼ばれる施設に連れて行って食事を一緒にしたり、お風呂に入ったり、介護を家の外で受けるということが出来る施設があるのですが、ここでも福祉の資格であるホームヘルパーは活躍することが出来るのです。
ホームヘルパーになりたいと思っている人は、通信教育で勉強をして実習を受ければ仕事をすることも可能です。福祉系の仕事で活躍したいと思っている人なら、2級から1級を持っておくといいでしょう。
posted by 暮らしの情報 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉