精神保健福祉士

精神保健福祉士とは、あまり名前を聞いたことがないという人の方が多いかも知れません。精神保健福祉士というのは、精神保健福祉法によって、精神保健福祉士の名前を使って、精神障害者を対象にして、保健や福祉の面にかかわる、知識や技術を身につけて、精神科病院などの医療施設や病院などで、精神障害の治療をして、そして社会復帰をすることが出来るように、図ることを目的としている場所や施設で働いている人のことを言います。
精神保健福祉士は、簡単に言ってみれば、精神障害者の相談に乗ったり、アドバイスや指導をしながら、できるだけ日常生活に早くなじめるようにするために訓練をしたり、サポートや援助をするということになります。精神保健福祉士になりたいと思っている人は多いのですが、国家試験に合格しなければいけません。
精神保健福祉士になりたいと思っている人は、国家試験に合格しなければ資格を取得することが出来ないのですが、この国家試験を受験するためには、受験資格がまずは必要になってきます。大学で指定の科目を修めていて卒業した人や、精神保健福祉士の養成施設を卒業した人というのが、受験資格になっていますが、さらに細かく色々と分類されているので、自分はどうすれば、精神保健福祉施設の国家試験に受験することが出来るのか、確認してみるといいと思います。
精神保健福祉士の国家試験はたやすいものではありませんが、受験者は年々増えているのが現状です。
posted by 暮らしの情報 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉