介護福祉士

介護福祉士とは、専門的な知識を持っていて、技術を身につけて、老人や体が不自由な人たちが自立した生活を毎日送ることが出来るように介護を行う人のことを言います。社会福祉施設で働いていたり、老人ホームや病院などで仕事をしているケースが多く、介護福祉士として専門職員という形で仕事をしているというのが一般的です。介護福祉士になるためには、2年間養成学校に通うという方法と、大学や専門学校に行って1年で身につけるのかという方法があり、どちらを選択しても、試験なしで資格を取得することが出来るという資格です。高校で福祉科なども今はありますが、高校の福祉科を卒業している人や、介護の仕事に3年以上ついていたことがある人は国家試験を受験すれば、資格を取得することが可能です。
介護福祉士になるためには、介護福祉士養成施設に通って、学校を卒業すること、そして介護福祉士国家試験を受験して合格することが必要です。資格を取得した後は、老人福祉施設や、特別養護老人ホーム、老人福祉施設、身体障害者などが利用している福祉施設などで働くことがあります。他にも在宅の福祉サービスを実施しているところで、ホームヘルパーとして働くことも可能ですが、介護福祉士がホームヘルパーとして働くという場合には、ホームヘルパー養成研修1級課程を終わった人と同レベルで仕事をすることが出来るということになっています。介護福祉士は福祉関係の資格の中でもとても重要が高い資格の一つです。
posted by 暮らしの情報 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉