福祉施設

福祉施設とは、色々な種類があるのですが、社会福祉を目的にして作られている施設のことを福祉施設と呼んでいます。福祉施設の職員の人というのは、介護福祉士や社会福祉士、そして精神保健福祉士といった3種類の職員が働いていますし、他にも非常勤の医師や看護師、指導員や保育士などの職員として働いています。福祉施設と言っても色々な種類があり、対象により異なるのですが、子供を対象にしている施設としては児童福祉施設がありますし、お年寄りを対象にしている施設には、老人福祉施設があります。また障害者や体の不自由な人を対象にしている福祉施設としては、障害者福祉施設、身体障害者施設、知的障害者施設、精神障害者施設、重症心身障害者施設といった種類があります。
それぞれ対象となる人が違っていますが、社会福祉を目的としている施設であるということは違いがありません。社会福祉施設で働くためには、社会福祉に関する資格を持っていないと働けない場合もありますし、免許なしで働くことが出来る仕事もありますから色々です。
社会福祉を提供するために、児童福祉法によって決められている福祉施設は、児童福祉施設といわれているのですが、こちらは18歳の誕生日までしか対象になっていません。老人福祉施設の場合には、老人の福祉に関して広く提供している施設です。
今高齢化社会が進む日本では、社会福祉がとても活発に行われており、社会福祉施設の数も増えているのが現状です。
posted by 暮らしの情報 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉