介護と認知症

介護が必要な人の中には、体の不自由やお年寄りの老化を伴う介護以外にも認知症で介護が必要な人も多いとされています。認知症の人を対象にしている介護施設は色々とありますが、施設をここで紹介していきたいと思います。まず短期入所療養介護は、医療のショートステイに当たりますが、介護が一時的に家で行うのが難しくなった場合に、入所します。そして認知症対応型共同生活介護は、グループホームとも呼ばれているのですが、こちらは認知症の人を対象にしていて、少しのグループで共同生活をしながら、日常生活の介護、世話や機能訓練リハビリなどを行うのが目的の施設です。
他にも、認知症対応型通所介護もあります。こちらは認知症の人を対象にしているデイサービスで、自立して生活が行えるようにするためにリハビリ機能訓練などを行うことになります。認知症の人を介護するということは周りにいる家族も大変ですし、どう介護していけばいいのか戸惑うこともあります。
一人で抱え込んでしまう人も中にはいると言われていますが、認知症の人を介護するというのはとても大変なことですから、できるだけ一人で悩まずに相談をしたり、こうした認知症の人が利用できる施設やサービスを最大限利用するなどして、少しでも負担を軽くすることも、認知症を介護していくうえでのポイントです。長く続くであろう介護は、頑張りすぎると大変ですから、周りの人に助けてもらいながら、認知症介護はしていきましょう。
posted by 暮らしの情報 | Comment(0) | TrackBack(0) | 介護