介護老人保健施設

介護老人保健施設は、介護保険施設の一つなのですが、病気の症状が安定している人が対象になっていて、家に戻るように、訓練をしたり、毎日の看護や健康管理、他にも日常生活を送るための世話などを色々と行っているのが介護老人保健施設です。この介護老人保健施設を利用することが出来るという人は、在宅介護が難しい人で、要介護が必要な人が対象になっています。
介護老人保健施設を利用する場合は、都道府県によっても料金は違っているのですが、例えば要介護2で個室利用の場合になると、自己負担金はサービス料が800円で、食費が1380円、そして居住費として個室代金が2000円、日常生活を送る上で必要になるお金が、300円ということになりますから、だいたい5000円以内で、介護老人保健施設を利用することが出来ます。筋力が弱っていたりリハビリが必要な人の場合には、サービス料金の中にリハビリテーションマネジメントの料金なども加えられていますし、食事の管理栄養士配置加算代なども含まれています。
1日当たり5000円で入れるということですから、10日利用すれば、五万円、1か月の利用で十五万円ということで、少し料金的には他の介護福祉施設の中でも高めですが、介護が必要で家で介護が出来ない人、家に戻れるように訓練をしてくれるということは、介護をしてきた家族にとってはとても助かる介護福祉施設として、多くの人に利用されているのが特徴です。全国にも介護老人保健施設は沢山あります。
posted by 暮らしの情報 | Comment(0) | TrackBack(0) | 介護