お年寄りの介護

お年寄りの中でも介護が必要な人と必要でない人がいますが、どういった状態になると介護が必要になると言えるのでしょうか。介護が必要になるきっかけは、老化によって体の機能が弱くなったり思うように動けなくなるということがありますが、耳が遠くなる、腰が弱くなる、足が弱くなるといったことは誰でもとる道です。お年寄りの介護の原因になるきっかけというのは、年齢から起きていることもあります。たとえば耳が遠いという場合には、耳が遠いことを分かった上で、わかりやすく話をしてあげたり補聴器を進めることが必要です。
お年寄りによって弱っている部分は違っていますから介護の種類も違ってくると思います。たとえば目が見えにくくなった人もいれば、手足が弱ってしまって一人では歩くのが難しくなってきた人もいます。手足が弱くなってきた人の介護としては筋肉をつけることも大切ですがゆっくりと歩けるように介護してあげる工夫も必要です。
お年寄りは筋肉が弱ってくるとものが持てなくなってしまいますから、お箸からスプーンに持ち替えてあげるというのもいいでしょう。普段使っていたものなども、だんだん上に置いてあると届かなくなってしまいますから、届くところに配置換えしてあげることも必要ですし、また床に躓かないように、床には何も置かないようにしてあげるということも大切です。お年寄りの介護というのは、人それぞれ弱っている部分が違っていますから、その人に合わせて行う必要があるのです。
posted by 暮らしの情報 | Comment(0) | TrackBack(0) | 介護